「副業に興味をもっていただいて、ありがとうございます」

僕はいつも無在庫輸入ビジネス・セミナーの冒頭で、これから僕の話を聞こうとする参加者の方々に「ありがとう」と言っています。

すると、ある日のセミナー終了後に、参加者から次のように言われました。
「ありがとうと言いたいのはこっちのほうです。
西原さんはなぜ、私たちにありがとうと言ったのですか」

なるほど、と思いました。
 

 

お金の稼ぎ方を教えている僕が、お金の稼ぎ方を習いに来た人たちにお礼を言う必要はない。
確かにそうです。

でも、僕は、僕の副業のすすめに興味を持っていただいた方全員に、お礼を言いたいのです。

それは、サラリーマンが副業をすることでしか、この国の経済は強くならないと確信しているからです。

この国の人々を幸せにするには、みんなが本業の他に副業をすべきだと考えるからです。
「西原と一緒に儲けたい」
そう思っていただいたことに、僕はありがとうと言いたいのです。

「しっかり生きる」ために「儲ける必要がある」人たちが起こす行動とは

僕のセミナーに参加してくださる方は、千差万別です。
20代の学生から、70代のおじいちゃんまで、「お金が欲しい」「稼がなければならない」という人ばかりです。

僕の話は、おかげさまで多くの方々から共感をいただけているのですが、しかし残念ながら「西原さん、私に無在庫輸入ビジネスを徹底的に教えてください」と言う方は、そのうちの何パーセントにすぎません。
 

 

・お金を稼ぎたい
・西原の方法はよさそうだと感じた
・でも次の一歩が踏み出せない
そのような人が多いのです。

 

しかし、「次の一歩を踏み出す」人もいます。
その方たちには、ある共通している部分がります。

 

・お金を稼ぎたい
・西原の方法はよさそうだと感じた
・真面目
・金を稼がなければならない理由が明確
・自分には「まっとうな生活」を送る権利があると考えている

 

そうなのです。

 

僕の仲間になって、そして無在庫輸入ビジネスを始めて、さらに稼いでいる人たちは、みなさん「しっかり生きている」のです。

 

無在庫輸入ビジネスは、魔法商法ではありません。
「誰でもできます」が、「しっかりやろう」という気持ちが大前提なのです。

 

僕はあなたの味方です

 

 
現代のサラリーマンに「転職をしない」という選択肢はない、というのが僕の持論です。
というのは、あなたの勤務先の会社は、あなたに何も保障してくれないからです。
会社が「最低限、正社員の生活だけは保障する」というのは最早幻想です。

 

正社員であろうと非正規労働者だろうと、会社から守られていないという点では、なんら変わりありません。
だからといって僕は、サラリーマンに「フリーランスになったほうがいい」ですとか、「自分で起業したほうがましですよ」と言うつもりはありません。

 

なぜなら、フリーや自営業は「より不安定」だからです。
だ・か・ら、副業なのです。
サラリーマンとしての本業をまっとうしながら、そして余力を使って副業に取り組むのです。

保険をかけないで自動車に乗る人がいますか?

 

 

マイホームに火災保険も地震保険もかけない人がいますか?
生命保険にも医療保険にも加入していない人がいますか?
ならばなぜ、人生に保険をかけないのですか。
副業は生きるための最大の保険です。
しかも普通の保険は「保険料を支払う」必要があるので、お金が出ていきますよね。
しかし副業は「お金が入ってくる」のです。
お金が増えるのに、人生が安定して豊かになるのです。

 

「副業をやらない選択肢はない」
という言葉の意味をご理解いただけましたでしょうか。

僕はいつでも、「副業したい」「無在庫輸入ビジネスを始めたい」という方の味方です。
いつでも僕にコンタクトしてください。